【更新情報
*scheduleページを更新しました
*NIPPONNOTE RECORDSページを更新しました
*ライナーノーツ「纏う」を追加しました
*ライブ情報を更新しました
*渥美幸裕 邦楽2.0シリーズ第一弾 Japanese Guitar Song Book音源・CD販売中
NIPPONNOTE RECORDS 楽曲のOnline 購入へ
"Real Tokyo" WEB MAGAZINEに 「邦楽2.0研究会」のレビューを掲載。


邦楽2.0を世界に発信したい!!クラウドファンディング終了致しました。ご支援頂きありがとう ございます。これから、邦楽2.0研究会 vol.4 (3/26公演)ドキュメンタリー映像制作、Music Video の制作に取り掛かります!!

邦楽2.0研究会 京都 vol.2


邦楽2.0とは / Hogaku 2.0 = New Japanese Music from the Traditional. ー1300年以上に渡り和楽器により支えられてきた日本の伝統音楽。 「邦楽2.0」とは、この伝統音楽にギターという西洋楽器を加え、 現在進行形の邦楽を求める旅であるー

[日時]
2019年12月1日 (日) 開場14:00 開演 15:00(17:00終演予定)

[場所]
白沙村荘 存古楼 橋本関雪記念館

[料金]
前売 5000円 当日 5500円

[出演]
小濱明人 尺八 / Akihito Obama Shakuhachi
小山豊 津軽三味線 / Yutaka Oyama Tsugaru-Shamisen
柿木原 こう 箏 / Ko Kakinokihara Koto
渥美幸裕 ギター / Yukihiro Atsumi Japanese Guitar

[ゲスト出演]
弥千穂 唄 (宮川町)
小扇 三味線 (宮川町)
鳥居史子 禮音 Rap Poetry

[お問い合わせ]
hogaku2.0@gmail.com

邦楽2.0研究会 京都vol.2開催に寄せて:

日本の伝統音楽には歴史に裏付けられた「美しさ」、「カッコ良さ」が溢れております。
この魅力をギターを通して拡げ、繋ぎ、日本伝統音楽の現在進行形の姿を創りたい。それが ”邦楽 2.0” の原動力になっております。
渥美は2012年より、東京から京都の比叡山麓にある古民家にアトリエを移し、 雅楽、長唄、人形浄瑠璃、端唄、地唄、民謡などの多様な伝統邦楽の仕組みを学び、更に邦楽の 源泉となる日本の自然、江戸以前の匂いなどを感じて参りました。
邦楽2.0研究会は、邦楽の魅力を新しい感覚で生体験して頂きたい想いで2017年より東京からス タート致しました。念願の京都開催の機会を白沙村荘にて頂きましたのが2019年1月。年内早々 に第2回を開催させて頂けますこと心より感謝申し上げます。
これまでにポップス、ロック、ジャズなどの西洋音楽を学び、ギターを弾いてきた渥美にとって伝 統邦楽との出逢いは大変 ”耳” 新しいものでした。この新鮮な感覚を邦楽2.0を通して、この文章 を読んで下さったあなたにお伝えできたらこれほど嬉しいことはありません。また足元にある文 化を愛することは海外の様々な文化の素晴らしさを再発見することにも繋がります。
そして、この道が世界平和への一助へと続いていくことを願って。

渥美幸裕 (邦楽2.0主宰)

邦楽2.0 [Hogaku2.0]NEW RELEASE !!!
「花鳥風月(Kachohugetsu)」


邦楽2.0シリーズ第三段

2017年にスタートしたライブイベント”邦楽2.0研究会”に集うメンバー達と共に創作したアレンジ を一挙収録。江戸時代の箏曲、地唄、尺八古典本曲、人形浄瑠璃、津軽民謡のアップデートアレ ンジに加え、日本伝統音楽の持つ様々なエッセンスから生まれた新曲を含めた全12曲。江戸以前 と明治以後の日本音楽文化を繋ぐ一枚。そこから新しい日本音楽の姿が見えてくる。日本の先人 が感じた美しさは今尚その血に流れているのだ。


Member :
小濱明人 尺八 / Akihito Obama Shakuhachi
小山豊 津軽三味線 / Yutaka Oyama Tsugaru-Shamisen
柿木原 こう 箏 / Ko Kakinokihara Koto
渥美幸裕 ギター / Yukihiro Atsumi Japanese Guitar

Song list :
鈴の段 (人形浄瑠璃 寿式三番叟より 作者不詳) / Suzunodan (Ningyo Jyoruri, composer unknown)
花鳥風月 (作曲 渥美幸裕) / Kachofugetsu (composed by Yukihiro Atsumi)
纏う (作曲 渥美幸裕 ) / Matou (composed by Yukihiro Atsumi)
本調 (尺八 古典本曲 作者不詳) / Honshirabe (Composer unknown)
いぞみ (作曲 渥美幸裕) / Izomi (composed by Yukihiro Atsumi)
じょんから節 中節 (津軽民謡 作者不詳) Jonkara-Bushi Nakanishi
(Tsugaru folk song, composer unknown)
千鳥の曲 (地唄 作曲 吉沢検校) / Chidori (Jiuta, composed by Yoshizawa-Kingyo)
ワイハ節 (津軽民謡 作曲 成田雲竹) / Waiha-bushi (Tsugaru folk song, composed by Unchiku Narita)
JAPANESE MUSIC (作曲 渥美幸裕) (composed by Yukihiro Atsumi)
新娘道成寺 (地唄 作者不詳) / Shinmusume-Dojoji (Jiuta, composer unknown)
六段の調 (箏曲 作者不詳) / Rokudan (Sokyoku, composer unknown)
雲井獅子 (尺八 古典本曲 作者不詳) / Kumoizishi (Shakuhachi Kotoen-honkyoku, composer unknown)

渥美幸裕 邦楽2.0シリーズ第一弾 Japanese Guitar Song Book発売中!!



奈良時代、 江戸時代、明治時代、昭和時代の曲のカヴァーと平成現代の渥美自身による書き下ろし曲によって構成された本作は
京都に拠点を移し三年の暮らしの中で渥美自身が生み出した新しい日本音楽のメソッド 『邦楽2.0』 を起用し
アトリエである五右衛門邸蔵スタジオでレコーディングされ風味の良い作品に仕上がった。

全ての楽曲がギター1本で演奏され、その情景豊かな表現は圧巻である。
各時代の音楽が『邦楽2.0』メソッドにより生まれ変わる。
懐かしくも新しくもある楽曲。時代の流れに沿って聴き進めると日本の営みが観える
まるで音楽の歴史本かのようで面白い。日本の音楽歴史文学である。

Japanese Guitar Song Book データ版先行リリース


This new album, composed by the collaboration of cover songs from the period of Nara, Edo, Meiji, Showa, Heisei and newly written songs by Yukihiro Atsumi, was recorded at Kura Studio of the Goemon Residence in Kyoto, where he has moved his base from Tokyo three years ago, with the new method of Japanese music generated from “Hogaku 2.0”.
Played with the guitar only, the expression that is full of the scenes is the best part to listen.
Songs from each period has been reborn with the “Hogaku 2.0”. It is new and original but you feel nostalgia as well. Listening each songs period by period, you will see the transition of Japanese music.
This is a history book of music – a Japanese music’ historical literature.
Japanese Guitar Song Book - Release in August 2016.

Online Store

音源購入特典全曲MP3データ付


Go to link

Japanese Guitar Song Book

■CD ¥2000 (tax in)
with Sticker 2pcs.



■24bit48khz ¥1,620 (tax in)


■16bit44.1khz ¥1,620 (tax in)


※スマートフォンでのダウンロードはできません。
PCでダウンロードしてください。
*Download for PC only

Youtube Play List

Youtubeにて全曲公開中です


Go to link

【Title list】
1. しだれ桜 / Shidare Zakura
2. 纏う/ Matou (Wear it)
3. 六段の調 初段変奏 / Rokudan Shodan Variation
4. 日出ずるしい / Hizurushii (the Sun's dazzling)
5. 水龍の一滴 /A Drop of Water Dragon
6. 花 / Hana
7. 閃きの花 /A flower of Sparks
8. デイドリームビリーバー / Daydream Believer (TIMERS Cover)
9. さくら さくら / Sakura Sakura
10. 権現三変奏曲 / The Gongen 3 Variations
11. 越天楽 / Etenraku

Self Liner Notes

全11曲楽曲解説+まえがきの12回連載


Go to link

【内容】
Japanese Guitar Song Bookの楽曲解説をはじめ
渥美がこれまで手がけてきた作品について解説を公開していきます
まずは本作の解説よりお楽しみ下さい


メルマガ登録フォーム


NIPPON NOTE2.0 / 邦楽2.0


a method of a new Japanese music, composed with the ancient Japanese Music and classic modern music from all over the world, invented by Atsumi

Go to link


Next World Satellite Tracks

This project is for delivering the track work by Atsumi Yukihiro

Go to link


Conguero Tres Hoofers


the first band in the world composed by the guitar, percussions and tap dance

http://www.cth-japan.com


サイコービジョンズ


歌を届けるプロジェクト

http://skvision.jp


【渥美流ギター講座】


ギター、アンサンブルのレッスンを
不定期に開催中
レッスン依頼も受付しています

詳細、お問合せ

Yukihiro Atsumi Profile

Guitarist / Composer / Producer /Sonic Architect Sound Designer



Atsumi Yukihiro has had a rich and varied music career in which he has collaborated with a variety of well known artists.
He moved from Tokyo to Kyoto to create “New Japanese Music”. Based at a traditional and historical house at Kyoto, he has recently been creating a new Japanese music style called “NIPPON NOTE 2.0 (Hogaku 2.0)” at his classical style “Kura (stone house)”
studio.

Through focusing on classical Japanese music styles such as “Hogaku”, “Minyo” and “folklore song for kids”,
he has realized that his mission is to bring new classical Japanese music to a worldwide audience and a younger generation.

To create new Japanese music based on various Japanese classical music frame equals by incorporating traditional styles into his music Atsumi both preserves aspects of traditional culture whilst innovating and breathing new life into them.

In 2016, He launched the project “Hogaku 2.0” which connects Japanese classical with more recent music through the guitar. He released the music album “Japanese Guitar Song Book”; the song, “Akifune”, composed in Japanese Guitar style was dedicated to Kifune Shrine.

In 2017, the event “Hogaku 2.0”, which updates classical Japanese music through traditional musical instruments with Japanese Guitar, started. He played Tendai music arranged by the Hougaku 2.0 method at a famous temple in Kyoto, Sanzenin temple. And also played Bunraku, Nagauta, which is Japanese classical style, and Japanese Guitar at Kansai University Museum.

In 2018, Atsumi collaborate with DJ KRUSH, featuring the song on his 25th anniversary album entitled “Cosmic Yard”.

In addition to his main focus on Hogaku 2.0, he has also been involved in the following projects:

“Conguero Tres Hoofers” is trio which consists of guitar,
percussion and tap dance. 1st and 2nd album took top chart in iTunes jazz category. A music clip was shot in a famous Japanese temple and shrine, Kiyiomizudera temple and Kifune Shrine. It played at Europe, Taiwan, and Russia. Their 3rd album “Musical Traveler”, which based on experience of the travel, was released in 2018.

“Next World Satellite Tracks” is the project for Speaker Music as the track maker.

“SAIKOH VISIONZ”, which is a collaboration with Kitaro Nakamura. It is positive rock band with Japanese lyrics. Members are: Kiyoshiro Imawano follower, Hidehiko Ishizuka, Unaigumi, Shinji Miyake, and Masayoshi Yamazaki.

He has also initiated “Playing music work” with children
in prep school which improvises music with early aged children to provide an experience of music and fun.

In addition Atsumi also composes music for TV commercials and other singers, makes environmental music for hotels and other spaces and aims to enrich our lives through music.

渥美 幸裕 プロフィール



Guitarist / Composer / Producer / Sonic Architect / Sound Designer


2002年から様々なアーティストと多岐にわたるキャリアを経て、「新しい日本の音楽」を創作する為、2012年に東京から京都へ移住。
130年の日本家屋を制作拠点、蔵をスタジオとして日本音楽の新たな姿を模索し始める。
様々な古典邦楽、民謡、児童唱歌を研究する中で、その魅力を世界の人々や日本の若い世代に伝えることが使命の一つであると氣づく。

古典の様々な仕組みを礎にした新しい日本の音楽を創ること=日本文化を残すこと。伝統と革新は文化の両輪なのである。

2016 『日本音楽の伝統と今をギターで ’つなぐ’ プロジェクト= ”邦楽2.0”』シリーズ第一弾「Japanese Guitar Song Book」が完成。この"Japanese Guitar"スタイルにて貴船神社に邦楽2.0楽曲'秋船'を奉納。

2017年、各和楽器の古典曲のアップデート化を図るイベント"邦楽2.0研究会"を開始。京都大原の三千院等で行われるイベント"向源"にて天台声明の邦楽2.0アレンジを披露。関西大学博物館にて文楽、長唄とJapanese Guitarによる演目を披露。東京にて"邦楽2.0研究会vol.2"を開催。

現在、"邦楽2.0"を中心に、それぞれコンセプトの際立つ音楽プロジェクトを運営。

"Conguero Tres Hoofers":タップダンスとパーカッション、ギターによるトリオバンド。過去2作品がiTunes Jazz chartにて1位を獲得。フジロック出演。清水寺、貴船神社にて映像作品を制作。ヨーロッパ、台湾、ロシアツアー敢行。2018年、世界を旅して創った「Musical Traveler」リリース。

"サイコービジョンズ":中村キタローとの日本語ポップロックユニット。小さい子どもから楽しめるシンプルな歌詞が集まったアルバム「ベストビジョン」をリリース。忌野清志郎氏のバックを務めた音楽家を中心に、石塚英彦、うないぐみ、三宅伸治、山崎まさよし氏らがゲスト参加。

"おとあそびワーク":こどもの音楽体験の充実を図るため、亀岡太田保育園はじめ全国ツアー先の保育園、幼稚園で展開。3歳児と即興にて曲を創作するワークを実施。

演奏活動の他、楽曲提供や"Sonic Architecture"(ホテルなどのリラクゼーション施設や学習塾等、環境の最適化を図る空間音設計プロジェクト)等、音楽を通して日常が豊かに彩られる世界の提案、平和的文化交流の実践を続けている。




・CM
EDWIN / 明治乳業 / NHK WORLD 'Design Talks' オープニング曲
吉野金峰山寺蔵王権現(監督 窪塚洋介)

<過去共演アーティスト>
Bird / 沖野修也 / 高宮永徹(Little Big Bee)/ 福富幸宏 / BENI / DJ KAWASAKI
Ananda Project (USA) / ROOT SOUL / Monday 満ちる / さかいゆう / 椎名順平 / DJ Yutaka
DJ Kaori / Hanah Spring / Maru / 竹本健一 / Little(Kick the Can Crew) / Chara
キマグレン / JUJU / 青木カレン / たなかりか / 後藤真希 / Keyco / 小沼ようすけ
うないぐみ / 山崎まさよし / Larry Carlton / Keshia Chante / Ty Burhoe / 窪塚洋介
卍LINE / RUEED

・略歴
1981 年生まれ。10代よりスタジオミュージシャンとして活動する。
2002年より沖野修也、テイ・トウワ、さかいゆう、DJ KAWASAKIなどのアーティストのレコーディングやライブギタリストとしてのキャリアをスタート。
2006年 渋谷のJAM集団"JAMNUTS"に参加。
2007年 バンドプロジェクト"thirdiq(サーディック)"を開始。1stアルバム「monologue」をリリース。
2009年 作家伊坂幸太郎原作の映画「ラッシュライフ」の音楽を担当。
"thirdiq" 2ndアルバム「who may find love in the imaginary axis」リリース。
mabanua、Shingo Suzuki(Ovall)、SWING-O a.k.a. 45と共にセッションプロジェクト"laidbook"をスタート。
2010年 アコースティック・プロジェクト"Conguero Tres Hoofers(コンゲイロ・トレス・フーファーズ 以下CTH)"を開始。
CTHでFUJI ROCK FESTIVAL、GREEN ROOMに出演。同年、"thirdiq"としても朝霧JAMに出演。
2011年 CTH 1stアルバム「Classics from THe parallel world.」リリース。
FUJI ROCK FESTIVALに2年連続出演。特設ステージを作り、2日間で合計4ステージに出演。
ソロワークとして子供達との音楽活動を開始。
2013年 CTH 2nd Album 「Selected Future Is Love」 リリース。
1st ,2nd アルバム共にitunes ジャズチャートで1位を記録し、ミュージックビデオを清水寺、貴船神社にて撮影する等、話題を呼んだ。
同年、京都へ拠点を移す

五右 衛門邸での暮らしをテーマに共同通信で6回記事連載。

2014 年 奈良県障害者芸術祭にてsonihouseの12面体スピーカーを使った6.2チャンネルサウンドインスタレーション「34篇のすきなおとでつむがれた『音場』29分間(Sonic architecture : 34 chapters of 'my favorite sound' 29 minutes)」を発表。

同年レーベルから独立。
CTHにて2ヶ月のヨーロッパツアーを敢行。
CTHヨーエロッパツアーDVD「Conguero Tres Hoofers meets Europe 2014」リリース。
国 立台湾大学から「新和風音楽」として招聘されパフォーマンスを披露。

2015年 CTH ロシアツアー敢行
CTH初のライブCD [LIVE CTH]リリース
ベーシスト中村キタローと共にバンドプロジェクト「サイコービジョンズ」スタート

monologue

thirdiq

LISTEN from here

who may find love in the imaginary axis

thirdiq

LISTEN from here

Classics from THe parallel world

Conguero Tres Hoofers

LISTEN from here

Selected Future is Love

Conguero Tres Hoofers

LISTEN from here

Conguero tres hoofers meets Europe 2014 -CTH-

Conguero Tres Hoofers

DVD
LISTEN from here

LIVE CTH 1

Conguero Tres Hoofers

CD
LISTEN from here

Japanese Guitar Song book

Atsumi Yukihiro

CD
LISTEN from here

NIPPON NOTE 2.0

Atsumi Yukihiro

CD
LISTEN from here

Musical Traveler

Conguero Tres Hoofers

CD
LISTEN from here

Copylight 2015 Atsumi Yukihiro.All Rights Reserved.