http://www.atsumiyukihiro.net

SCHEDULE

3/19 mon in TOKYO

“坪口昌恭 x 渥美幸裕 DUO”


■ 料金

3000円+2オーダー

■ 時間

開場19時 開演20時(2セット)

■ 会場

下北沢サーカス
〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-40-15 北沢ゴルフマンション

【ピアノとギターという或る意味定型化されたフォーマットにもまだまだ未知のゾーンがある】
Radio Acoustic や東京ザヴィヌルバッハ主催のピアニスト坪口昌恭氏と、邦楽2.0やConguero Tres Hoofersのギタリスト渥美幸裕によるDUO ライヴです。
Jazzを根底の共通言語に、現実感をほんの少し飛び越えた電子音楽感覚が相まって風景の観える 音楽を二人で創り出します。
映画が齎すような非現実の狭間を目の前で体感する瞬間です。 サーカスのお酒とご飯の美味さも映画のようです。

4/15 sun in HYOGO

MARU (vo) presents WELCOME TO MY ROOM with 渥美幸裕(g)


■ 料金

CHARGE 3500/3800

■ 時間

OPEN 18:00 START 19:00

■ 会場

Bar Bewitched バー ビーウィッチド@兵庫県西宮市・門戸厄神

■ ご予約

https://www.barbewitched.jp/
maruofficialtokyo@gmail.com

5/15 thu in TOKYO

「邦楽2.0研究会vol.3」


■ 料金

チケット:前売り 3500円 /当日 4000円(100名限定)

■ とき

開場:19:00 / 開演 20:00

■ ところ

晴れたら空に豆まいて
東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
TEL. 03-5456-8880
http://mameromantic.com/

■ 出演者

・小山豊 津軽三味線(小山流三代目、研究会共同主催者)
・柿木原こう 箏(生田流箏曲演奏家)
・小濱明人 尺八
・渥美幸裕 ギター(邦楽2.0、Japanese Guitar)

■ 研究会によせて

「日本音楽の伝統とは主に江戸時代までに熟成された古典邦楽や、民謡、また和楽器により発展 した音楽を指しています。
1300年以上の歴史を持つ日本風土で醸成された音楽は今尚進化の途中 にあります。現代の音楽感覚と結びつきその延長線上にあるこれからの邦楽をライブを通して表 現していきます。
ギターを通してロックやジャズをはじめ様々なジャンルの音楽に触れてきましたが、オリジナルの 音楽を追求する中で自分の生まれ育った風土の足元にある素晴らしい邦楽の歴史と今を繋ぐ音楽 があると良いのでは?と思い立ち京都にて古典の研究を始めました。
石の上にも三年、やっと、 どんな楽器でも邦楽を表現出来る仕組み”邦楽2.0”の原石が出来ました。
そして、この仕組みを実 際に和楽器邦楽者の方々とブラッシュアップする段階に入りました。それをオーディエンスの方々 とライブで楽しみながら共に邦楽の未来について可能性を探ろうというイベントが”邦楽2.0”研究 会なんです。
ひいては日本文化の未来を共に語り合える場所に、そんな仲間の集う場所に育つこと を夢見て続けています。(渥美)」
古典と云えど”雅楽”や”長唄”、”能”...または三味線”や”箏”、”尺八”など、楽器の視点から切り取っ てもその仕組みは様々。そのいいとこ取りをしたとされる”邦楽2.0”とは一体どんな音楽なんだろ うか?ぜひその耳で確かめて頂きたい。
研究会第3回目は前回までにアレンジしてきた古典曲は勿論、渥美による”邦楽2.0新曲”にスポッ トを当て披露する予定。2018年、ニホンノオトとは歴史を経て今どんな姿を現すのか。
「邦楽2.0研究会は和洋楽器問わず”邦楽の精神”を奏でたい仲間、また革新によって日本文化の伝 統をつむぎたい仲間を求めています。(渥美)」

■ 予定演目

・JAPANESE MUSIC(邦楽2.0)
・纏う(Japanese Guitar)
・座標(邦楽2.0)
・三番叟(人形浄瑠璃)
・吉慶賛(声明)
・じょんがら節 中節(津軽民謡)
・よされ節(津軽民謡)
・ワイハ節(津軽民謡)
・六段の調(地唄)
・千鳥の曲 (地唄)
・新娘道成寺(地唄)
・本調(尺八)
・雲井獅子(尺八)
・越天楽(雅楽)、他








OFFER CONTACT : info@doublefive.net

Conguero Tres Hoofers : http://www.cth-japan.com